FC2ブログ
逆子がごろん!

io color life consultingのブログをご覧下さり有難うございます!

前回の検診で、逆子と言われてショック!
帝王切開だと、出産後の入院が長いので

母は他界し、夫の実家は要介護者がいる生活なのであまり負担をかけたくない
今まで母にケアされてきた人生の父も頼れず。
産後は、夫と友人、そしてお手伝いの方に今回は頼ろうと思っています。

息子の気質を考えても、赤ちゃんが生まれたから、1週間ママとバイバイよ~!は、
きっと赤ちゃんにママをとられた感がすると思うので、
産後は一緒に入院しようという話で夫とまとまりました。
さすが、夫。
息子と同じ気質なので息子の気持ちへの寄り添い方が優しい

ということで、帝王切開は困るのです。

粘液質の子どもな気がするので、自由に動いていてまだ位置を定めていないのかも!と思ったり。
(粘液質は、木に例えると「枝」。自由なのです。)
言えばきっと分かってくれる、と思ったりもして、

息子と一緒にお腹の下部に向かって、

赤ちゃ~ん!頭こっちだよ!!!
と言ってみることに。

すると、なんと!
翌日、逆子が解消していました。

聞き分けの良い子や

でも、また夜に

ごろん

やっぱり今回の赤ちゃん、自由な感じがする 笑
赤ちゃんを信じよう!

ちなみに、息子の場合、一度逆子になりましたが、
逆子体操をしたら、ごろん
そして、それ以降はごろんごろんしませんでした。

息子は不安感が強くて慎重。
胎児の頃から性格ってあるのかも、、、

そう思った逆子ハプニングでした 笑

第一子出産の退院の時の1枚
懐かしいなぁ~
今回も、同じ芝田先生に取り上げて頂く予定です。
妊婦、子どもへの眼差しが本当に温かい先生
2078.jpg

※初めてブログにお越し下さった方へ:初めまして、ご興味を持って下さり有難うございます。
ワンピース一着分の価格で一生分の「自分らしさの技術」をお持ち帰り頂くサロンのブログです。
【1日1名限定】にて、「本当の私」を輝かせる色や「自分らしい選び方の理論」をご提案いたしております。
※文章や画像の転載はご遠慮下さい。

下記リンク先のHPは現在修復中です。↓
お問い合わせは iocolorlifeconsulting★gmail.com までお願いします。
io color life consulting

|Maternity life | comment(0) | trackback(0)
この記事へのコメント
この記事へのコメントはこちらから














trackback URL
http://io7777777.blog134.fc2.com/tb.php/932-6e90555d
trackback