スポンサーサイト

io color life consultingのブログをご覧下さり有難うございます!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

※初めてブログにお越し下さった方へ:初めまして、ご興味を持って下さり有難うございます。
ワンピース一着分の価格で一生分の「自分らしさの技術」をお持ち帰り頂くサロンのブログです。
【1日1名限定】にて、「本当の私」を輝かせる色や「自分らしい選び方の理論」をご提案いたしております。
※文章や画像の転載はご遠慮下さい。

下記リンク先のHPは現在修復中です。↓
お問い合わせは iocolorlifeconsulting★gmail.com までお願いします。
io color life consulting

|スポンサー広告 | |
スリング、おひなまき、授乳での寝かしつけからの卒業と夜泣きの解決

io color life consultingのブログをご覧下さり有難うございます!

息子が誕生してから半年間、
ずっとずっと悩んでいたことを最近克服しました。
今日は本業の色彩のお話ではなく、
悩まされていた夜泣きの克服について書きたいと思います。
ご興味ない方はスキップして下さいね~!

タイトルの「おひなまき」や「夜泣き」等のフレーズにヒットして
この記事をご覧下さっている方もいらっしゃると思います。
私も色々な育児ブログ等に本当に助けられています
「赤ちゃんがやっと寝てくれた時に検索して
このブログにたどり着いたのかな?」等と思うと、
今から頑張って記事を書こうと思います!


生後からとにかく寝つきの悪い息子。
授乳しても抱っこしても寝てくれないので、
助産師さんが「おひなまき」という子宮の中を再現する方法を
教えて下さいました。
息子と相性が良く、おひなまきをするとスヤスヤ~!
赤ちゃんは生まれたての頃、
手足が自由に動くのが気持ち悪いみたいなんですね。
息子もそうだったみたいで、手足を固定してあげると寝つきが良かったです。
スリングも同じ原理ですよね。
おひなまきとスリングには本当に助けられました。
生後~4か月まではスリングとおひなまきで寝かしつけていました。
特に夜はおひなまきをすると10時間ぶっ通しで寝てくれたので、
4か月までは本当に楽でした。
あと、息子は5か月初日にずり這いをしたのですが、
これはおひなまきのおかげだと思っています。
おひなまきをすると筋力がつくみたいなんですね。

おひなまきは赤ちゃんが好きなだけしてもいいみたいですが、
首がすわり始めた頃から、おひなまきを突破する様になります。
これは卒業のサイン!
おひなまきを卒業したら、どう寝かしつけようかな~と
悩んでいる間におひなまきの卒業の時がやってきてしまいました。

そこから、2か月間は本当に夜が辛かった、、、!
息子もどう寝ていいのか分からなくなったみたいで、
夜に起きる、起きる、、、笑


じゃあ、その後も使える寝かしつけ方をしたら良かったのに!と
思う方もいらっしゃるかもしれませんが、
特に生後3か月までは赤ちゃんとママとの信頼関係を築く為に
むやみに泣かせない方がいいみたいなんですね。
おひなまきがなかったら、息子は泣きっぱなしだったかも
あと産後の疲れた体を休める為にも10時間連続寝てくれたのは有難かった!
産後にそういったスキルに頼れた事は私にとっては良かったです。
数か月間はおひなまきをして本当に良かったと思います

さて、スリングもおひなまきでも寝られなくなった息子が
次に安心して寝てくれたのが授乳での寝かしつけでした。
沿い乳と呼ばれる寝た状態での授乳ではなかったのですが、
膝の上に座らせて授乳してそのままうとうと~ベッドへ、、、という流れです。
これだと楽に寝てくれるので、私もついそれに頼ってしまって

その後、そのおかげで自分を苦しめます(笑)

赤ちゃんは、すやすや寝ているイメージが強いと思いますが
実は大半の赤ちゃんは寝る事が苦手
特に眠りが浅い時間が多くて、望まぬタイミングで起きてしまったりします。
息子も本当に眠りが浅くて、、、
トイレを流す音やお皿を片付ける音、ドアを閉める音で起きてしまうほど。
息子が望まぬタイミングで起きてしまって、
再入眠をしたくても自力では出来ないので授乳で寝かしつけていた私は、
「さっき授乳したばかりだけど、これしか方法がないし、、、」と
また授乳で寝かしつけてしまいます。

その結果、息子はおっぱいと睡眠を強く関係づけてしまう様に。
授乳がないと寝られない赤ちゃんになってしまったのです


眠りの浅い息子は深夜に望まぬタイミングで起きてしまいます。
例えばさっき授乳を終えてお腹がいっぱいでも
おっぱいを飲まないと寝られないから授乳をするしかなく、、、そうなると

お腹いっぱいだからこれ以上飲めない!
でもおっぱいがないと寝られない!
どうしたらいいのママ~!!!
と泣く訳です(笑)

とてもこだわりが強い赤ちゃんなので
授乳以外では寝てくれず、再入眠は息子が泣いて泣いて
お腹が空くまで泣いて、1~2時間後に授乳して再入眠
そうするしか方法がなかったので主人と私は息子の眠りを妨げない様に
ビクビクしながら静かに過ごす毎日。
ドアの音で起きるので主人に帰宅時間を調整してもらったりもしたなぁ~

ちょうど6ヶ月という夜泣きが始まりやすい時期。
深夜に何回も何回も起きては、おっぱいで寝られる時もあり、
おなかがいっぱいだけど、おっぱいは吸いたくて、でもお腹に入らなくて(笑)
深夜にギャンギャン泣くという期間が1か月。
夜に寝られないので私もちょっとノイローゼ気味に
また授乳と睡眠がここまで強く結びついていると
1歳頃に予定している断乳が本当に難しいだろうと予測もして、
最終手段として考えていた
ねんねトレーニングに踏み切ることにしました。

欧米ではCry it outやCrying controlとも言われていますが、
ベッドに置いて1人で泣かせて寝させるのにはどうしても抵抗があり
私が参考にした本はこちらです。



上記の本は赤ちゃんの1日のスケジュールモデルがあり
今でも私の育児のバイブルとなっています。
著者の清水悦子さんのブログでも勉強出来ます。
私が決行したねんねトレーニングは下記の様な方法です。
リンクを貼っておきますね!
右の星マークをクリックして下さい。 → 

決行1日目は、それはそれはもう盛大に泣きました(笑)
私が新しい寝かしつけに選んだ方法は絵本→添い寝です。
ねんねの絵本を読んでたっぷりコミュニケーションをとって
添い寝して寝たふりして、息子にも寝てもらうというもの。
上記の方法を試して、お昼寝するのに2時間45分要しました。
泣き声に負けそうで、本当に辛かった
最後は泣きながら寝ました
初めて息子が自力睡眠をする姿を見ました。
※2時間45分、ずっと泣かせっぱなしにした訳ではないので誤解しないで下さいね~!
上記のブログのアドバイスに従って寝かしつけ→遊ぶ→寝かしつけ・・・のトータル時間です。


その日の晩も、2時間かかりました。
でも自分で寝てくれました。

清水悦子さんによると「3日間は覚悟して下さい」とあるんですね。
だから始める前から3日間は覚悟していたんです。

でも次の日の朝寝の時も
新しい寝かしつけの「添い寝で見守る」で寝かしつけをしたら
数分泣くだけで自分で寝たんです!

お昼寝の時は1分も泣かなかったです。
自力睡眠しました~

そして夜。
ねんねトレーニング開始から2日目の夜ということになりますが、
寝室に連れていくと、自分からずり這いでベビーベッドへ!
そして泣かずに心地よさそうに寝ました。
毛布を握りしめながら!

拍子抜け~!!!!!

ねんねトレーニングを開始して、1週間は泣く時もありましたが
そこで寝かしつけの方法をまた戻しては
息子が余計に混乱すると思ったので、
「絵本→添い寝」を貫きました。

結果!

ねんねトレーニング開始から1週間で深夜の授乳は1回になり、
生活音で起きてしまっても授乳以外の時間では
自力で再入眠してくれます。

そして最近は、深夜の授乳もなくなりました。
19時半に寝かしつけて、朝の6時半まで起きずにぐっすり~!

今までは睡眠導入には授乳が必要でしたが、
新しい安眠アイテムが「絵本&お気に入りの毛布」になりました。
特定の絵本さえ読めば、決まった時間に寝てくれて
ベッドに置いてお気に入りの毛布をかけるとその毛布をカミカミして自分で寝ます。
その毛布がねんねのサインにもなっているので
車のチャイルドシートで昼寝の時間を迎えても
その毛布さえ渡せばチャイルドシートで寝てくれます。
ベビーカーでも同様です。

清水悦子さんすご~~~~い!!!!

ご参考までに私が寝かしけに読んでいる絵本はこちらです



息子の安眠グッズになった毛布は下記の2点





私はガーゼのパジャマを愛用しているので、
それと似た質感のガーゼブランケットを用意したのも良かったみたいです。
授乳中にいつも私もパジャマを触っていたので

出産してからずっと悩んでいたことなので、
最近、気分爽快です
息子も自力睡眠が出来て心地良さそうです
以前にも増して情緒が安定した気がします。

こんな穏やかな夜が来るなんて思っていなかったです。
行動に起こして本当に良かった!!!
お困りの方のご参考になりましたら幸いです。

※初めてブログにお越し下さった方へ:初めまして、ご興味を持って下さり有難うございます。
ワンピース一着分の価格で一生分の「自分らしさの技術」をお持ち帰り頂くサロンのブログです。
【1日1名限定】にて、「本当の私」を輝かせる色や「自分らしい選び方の理論」をご提案いたしております。
※文章や画像の転載はご遠慮下さい。

下記リンク先のHPは現在修復中です。↓
お問い合わせは iocolorlifeconsulting★gmail.com までお願いします。
io color life consulting

|Life childcare | comment(4) | trackback(0)
この記事へのコメント
質問
はじめまして。
色々検索してこちらのブログに到達しました。
とても良く似ているのでとても参考になります。
我が子も、おひな巻きスリングのみで寝てくれて、寝かしつけは、添い乳に似た、クッションの上で授乳してそっと布団に移る形でしています。とにかく良く泣きます。
お聞きしたのですが、ねんねトレーニングをスタートする時期です。
もう1週間で、3ヶ月になります。
今はまだ、触れ合う時間を大切にしたいのと、まだ頑張れるかなと思って、トレーニングには入らないでいるのですが、今後、夜泣きが始まる6ヶ月位を想像すると怖くなります。

どうせ、1度の事となれば、今ではなくて、その時が、来たらで良いと思うのですが、少しでも早くトレーニングした、方が良いのならば、今時期からした方が良いのでしょうか?宜しくお願いします
2017/02/2611:43 | URL | edit | posted by ぷーさん
こんにちは!
Emailアドレスまでご連絡下さい。
詳しく返信させて頂きますね!
水野
2017/02/2622:01 | URL | edit | posted by io
Eメールアドレスはどちらに載ってますか?
2017/02/2713:52 | URL | edit | posted by ぷーさん
iocolorlifeconsulting★gmail.com
(★を@に変えて下さい。)

現在、暫定的に上記を使用しています。
よろしくお願いします。

水野
2017/02/2715:01 | URL | edit | posted by io
この記事へのコメントはこちらから














trackback URL
http://io7777777.blog134.fc2.com/tb.php/777-88aa80f8
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。