プリント柄【大】の方のデザイン、【小】の方のデザイン

io color life consultingのブログをご覧下さり有難うございます!

コンサルティングでは、
プリント柄の大きさを実際のサンプルで説明させて頂いております。

例えば、グレンチェック。左はデザイン【小】、右はデザイン【大】です。
※グレンチェックがお似合いにならない方もいらっしゃいますので一例ですが・・・
183.jpg

パーソナルカラーのイメージでは、
Spring、Summerがデザイン【小】
Autumn、Winterがデザイン【大】とされていますが、
実際にアクセサリーやプリント柄を当てると、
パーソナルカラーのイメージだけでは語れない事も多くあります。

私もSummerの傾向が強いですが、デザインは【大】にした方が個性が咲きます。
もしくは【極小】・・・!
【小】でも悪くないのですが、目を惹くレベルにはなりません。
本当に小さなものが似合われる方は、
小さなものを身につける事で、周りが「はっ!」となるぐらい小さなものが素敵に見え、
かつ身に付けているご本人がとても美しく見えます。

【大】、【小】、布の切り返しでも同じ事が起こります。

↓デザイン【小】の方には、
このブーツの布の切り返しは太くててしっくり来ない場合も・・・・
【大】の方にこそ似合う幅かもしれません。
184.jpg

↓こちらの幅の広い折り返しもデザインを大きくした方がいい方に似合う傾向が。
185.jpg

↓例えば、お洋服の縫製でも・・・この繊細なウェストはデザイン【小】の方向け。
薄地が得意な方の生地ですね。

186.jpg

↓デザイン【大】の方には・・・これぐらいの幅の布の切り返しの方がお似合いに。
厚地がお似合いの方の素材で。

187.jpg

日本では「慎ましいもの」を美とする概念があり、
想像よりも大きなものが似合われる方も多くいらっしゃいます。

デザインの【大】【小】、個性を咲かせるのにとっても大切!
アクセサリーやプリント柄だけじゃないんですよ~!

※初めてブログにお越し下さった方へ:初めまして、ご興味を持って下さり有難うございます。
ワンピース一着分の価格で一生分の「自分らしさの技術」をお持ち帰り頂くサロンのブログです。
【1日1名限定】にて、「本当の私」を輝かせる色や「自分らしい選び方の理論」をご提案いたしております。
※文章や画像の転載はご遠慮下さい。

下記リンク先のHPは現在修復中です。↓
お問い合わせは iocolorlifeconsulting★gmail.com までお願いします。
io color life consulting

|デザイン【大、中、小】 | comment(0) | trackback(0)