FC2ブログ
本日は、準備なり。

io color life consultingのブログをご覧下さり有難うございます。

本日は、明日のカラーコンサルティングに向けて、準備をしました。

お子さま連れなので、キッズスペースを。
私の準備の傍ら、早速遊ぶMy娘。
2960.jpg

2歳の娘は、どこからかアンパンマンを見つけて来て、
ドキンちゃんが大好き
でも、おもちゃよりも生活のもので遊ぶ子なので、このプレイングマットを購入してみました。
インテリア的に、アンパンマンは私は好みではないので、遊ぶときだけ敷きます。
立体に組み立てたら、おうちにもなるし、パズルにもなるし、良いお買い物をしました



今回は、気質の講座からの装いのコンサルティングなので、
私はもうお似合いのイメージが分かっているということで。
アクセサリーやメイクがキーポイントよね、と思ったので、合わせたいなと思うものを予め用意しておきました。
2962.jpg

鏡もピカピカにしました
2963.jpg

1時間ほどの、準備に、機嫌よく付き合ってくれた娘と
しっかり遊んであげようと、その後外出しました。
手づくりのたこ(もちろん、絵はドキンちゃん)を持ち、走るだけで嬉しい娘
Summerの女の子なので、水色×ベビーピンクの色合わせがマッチします。
タイツも白やグレーがいいなと思います。
2961.jpg

では、明日はがんばりまーす!

※文章や画像の転載はご遠慮下さい。

下記リンク先のHPは現在修復中です。↓
お問い合わせは iocolorlifeconsulting★gmail.com までお願いします。
io color life consulting

|カラーコンサルティング | comment(0) | trackback(0)
骨格Straightのコツあれこれ

io color life consultingのブログをご覧下さり有難うございます。

今回は、私の一番の得意分野、「似合いの法則」に関するブログを。

長男は、パーソナルカラーAutumn×骨格Straight、
得意なファンションテイストは、「さりげないこと」と「大胆なこと」。

強さを感じる色×張りのある素材で、
素朴さと大胆さのイメージコントラストがあると垢抜ける男の子

私の夫は、素朴さは要らないので、(夫はむしろ、甘さを組み込むとイイ。)
夫と息子は、同じパーソナルカラーと骨格なはずなのに、違いがあって面白いなぁと見ています。
息子のファッションテイストは、私遺伝みたいですね。
さすが夫婦のミックスだなぁと、感慨深い。

最近、こちらのスキー合宿に2泊3日で1人で参加してきたのですが、
http://yuai-no-oka.org/index.php?page=116
大好きなスキーで思うような、技術認定バッヂがもらえなかったらしく、
大泣きしていました 笑

目標達成の気持ちが強い息子は、「息子が楽しそう!」と
息子の喜んだ顔をこちらも見たくて、提案するものも、
自分の期待する結果が出せないと自分自身にすごい怒って不機嫌なので、
ややこしい子やな ですね。
そんな自分とこれから一生付き合っていくのでしょうし、
目標達成との気持ちの折り合いをつける経験をたくさんさせてあげたいと思っています。

と、いうことで。
リベンジしたい!とうるさいので、春休みにもう一回スキー合宿、申し込もうと思います。
スキーウェアを今までレンタルしていたので、今回からは買うことに。

息子の意見も聞きながら、楽天でこちらをチョイス
2959.jpg

あれれ?Winter色じゃない?と思われますよね。
そうなんですよ、Autumn×Straightさんってカジュアルウェアに王道Autumn色だとなんかダサイ。
カジュアルな素材感だとBlueベースの色の方がかっこいいんですよね。

あとは、骨格Straightなので、強い色にしっかりとした白抜きや、
バイカラーのデザインでピリリと引き締めます。

Springの骨格Straightだったら、明るい色に強い色でピリッとさせるのですが、
Autumnさんだし、強い色の面積を多く、しっかりとした白抜きで引き締める。
(でも配色でグラデーションが得意なAutumnさんだったら、しっかりした白抜きまでは要らない、グレー程度で引き締める。)

似合いの法則のことも、論理的に解明していくととても哲学的で、
自分自身を客観的に見ることができる楽しいお話です。
今週も、カラーコンサルティングのご依頼があるので、楽しみ。

ではでは、本日は、結婚式のカラープランニングのご依頼の為にと思って空けている日。
本日は、新郎さま、新婦さまが一生使いやすい婚約、結婚指輪のアドバイスをさせて頂きます。
これも、楽しみ。頑張ります

※文章や画像の転載はご遠慮下さい。

下記リンク先のHPは現在修復中です。↓
お問い合わせは iocolorlifeconsulting★gmail.com までお願いします。
io color life consulting

|カラーコンサルティング | comment(0) | trackback(0)
登校出来ているみたい、良かったですね。

io color life consultingのブログをご覧下さり有難うございます。

前回、憂鬱質girlが不登校になり、お母様がとても悩んでいらっしゃるというブログを書きました。
http://io7777777.blog134.fc2.com/blog-entry-1003.html

http://io7777777.blog134.fc2.com/blog-entry-1004.html

ブログの読者の皆様からも「通えるようになるといいですね」等と温かいご声援があったのですが、
なんとなんと、新学期から元気に登校されているとのことです

学校に行く、行かないがその子にとって最重要事項かどうか分かりませんが、
彼女の場合、お母さまがとても悩んでいらっしゃったので、
まず、ママの精神衛生上、通えるようになり、
家族に笑顔の時間が増えるということはとても素晴らしい事だったと思います。

自分の心身への自信が育めたこと、良かったですね!
気質に対して周りに理解者が多いと、その自信は育まれやすいですね。
良かった良かった

気質の講座、不登校に悩んでいらっしゃる方のご参加も多いのですが、
皆さん、結果が出ていると思います。
ご相談を受けた場合は、心を込めて、頑張ります

※文章や画像の転載はご遠慮下さい。

下記リンク先のHPは現在修復中です。↓
お問い合わせは iocolorlifeconsulting★gmail.com までお願いします。
io color life consulting

|気質の講座やご相談 | comment(0) | trackback(0)
気質と性教育

io color life consultingのブログをご覧下さり有難うございます。

先々月の気質のグループ講座で、性教育について質問を受けました。
気質によってアプローチは違うかなと私も感じます。

たまたま多血質のお子さまが、漫画で性描写のあるシーンを見てしまったみたいなんですよね。
親が心配されていて。確かに最近はスマホの影響で、「見てしまう」可能性も増え、
親としては気を揉むことも増えたなぁと私も感じます。

とりあえず、多血質さんだったし、まだ年少さんか年中さんだったし、
経験できない事はすぐに忘れると思うのでしばらく静観で、とお伝えしたら、
案の定、何事もなかったように忘れていてホッとしたとのことで。
(表面上ではなくて、本当にあれ?なんだろ?ま、いっか!程度だと思う。
他の気質だったら、そうもいかない場合もあるんでしょうが。
特に憂鬱質さんが見てしまっていたら、かなり考えた手を打つべきだったと思うのでドキドキしました。笑)

そう、気質によって、性について伝えるタイミングや伝え方が、
違ってもいいのかもなぁと。
質問があれば、その違いについて、気質の講座で、私の見解もお伝えしています。

性教育の前提は、「あなたの心身は、とても大事なもの」を
本人が真に思うことだと思います。

そんなことを考えていたら、タイムリーに小学校一年生の息子が、
性教育の一環として、「おなかの中にいたころ、生まれた時のこと」を
親が子どもにA5サイズの手紙で伝える課題を持って帰って来ました。

どう書こうかなぁと迷いながら、
胆汁×憂鬱質の息子には、感覚的に話しても意味不明で戸惑うと思ったので、
(例えば、擬態語をたくさん使う 笑)
事実をしっかりと書いてみました。

生まれた時のことよりも、もっと根源の方に言及してみようとも思いました。
憂鬱質がある子は、初めの初めのところが知りたいのかなと。
本当のところは、夫婦仲のことについても聞きたいのかなと思うのですが、
そこまでは課題の本質からはずれるのでパスしました 笑

こんな風に息子に手紙を書いてみました。
胆汁質の息子だし、自分の強さを実感したいのかな?と思ったので
最後はあえて、「あなたの命は強い」で終えてみました。
胆汁×多血なら、「あなたはすごい存在なんだよ」「色々な困難を乗り越えたんだよ」がいいけれど、
胆汁×憂鬱なら、「あなたの命は強い、だからあなたはこれからも強く生きられるんだよ」の方が響くのかなと。

数字で、事実を伝えるのも、分かりやすいのかなと。
ちなみに粘液質の私なら、お母さんが私を生んでどんな気持ちになったのかを一番知りたいです。
私が何センチだったかとかはあまり興味ないかな。
「天使だと思った」と言ってくれた時の、母の表情や言葉の抑揚は私の一生の思い出。

子どもの自尊心を育む言葉、これからも考えていきたいです。
気質ごとにもバリエーションを増やし、もっと皆さんとシェアしたいと思います
気質の違う子を持つことは、親のボケ防止になるわ~と実感中です。笑


おなかの中にいたころのおはなし

そうちゃん、お父さんとお母さんのところに生まれてきてくれてありがとう。
そうちゃんがおなかにいた時の話をするね。
8年前のクリスマス、東京にいた時、そうちゃんがおなかの中にいることがわかったよ。
病院に行くと、●(実際の大きさを描きました。)←このぐらいの大きさだったんだよ。
1か月後の1月には、1センチ7ミリメートルの●(実際の大きさで、目盛りもつけました。)
←これぐらいの大きさに。どんどん大きくなって、生まれた8月には52センチメートルにまでなったんだよ。
そうちゃんの足は、いま21センチメートルだから、
くつをたてに二つならべても、21×2=42、それよりも大きくなったんだよ!
お母さんのおなかはパンパンに大きくなったよ!
お母さんもがんばったけど、
いのちが生まれてからずっと、そうちゃんの力でせいちょうしているんだよ。
そうちゃんの命は強いね。

※文章や画像の転載はご遠慮下さい。

下記リンク先のHPは現在修復中です。↓
お問い合わせは iocolorlifeconsulting★gmail.com までお願いします。
io color life consulting

|気質の講座やご相談 | comment(0) | trackback(0)
子どもにとって良き親とは?

io color life consultingのブログをご覧下さり有難うございます。

本日は、仕事納めでした。
奈良より宇治の自宅まで、気質の相談にご夫婦で来て下さいました。
あっという間の3時間、気質のお話は楽しいですね。

本日盛り上がった話を。
夏に行ったオーストラリアのホームステイ先の父親が、
冒険家タイプの胆汁質の娘に素晴らしい対応をされていたのでその話をさせて頂いたのですね。
「ゴールドコーストのビーチで、わりと波が高い海辺で波遊びをする冒険家タイプの娘。
父親は、何かあったらすぐに助けられる範囲で、娘よりは前に行かずに、ずっと娘を仁王立ちで見守っていた。」

それって最高の愛ですよね!と。
目を輝かせて同意してくれる同じく冒険家タイプの母親と、違う気質なもので「それって育児放棄では?と思ってしまう。」と、父親。
冒険家タイプさんは、自力で思いっきり挑戦させてくれる親に愛を感じる訳です。
違う気質だと、自分を守ってくれることに愛を感じるのですが。
気質によって「こう在りたいと思う親の姿」「こんな対応をしてもらった時に親の愛を感じる」点が違うのが本当に興味深いところです。
それが、親子でねじれてしまった時に、色々上手くいかないなぁと。
その鍵を読み解くのが、気質の学びですね。

こんなパターンも。
支配者タイプは、高い知性が故に不安感が強い、自信が持ちにくいのが特徴です。
「ずっとずっと大好きやで」と寝る前に言って、安心安全を提供してあげる同じ気質の父親。
「お母さんは、あなたよりも早く死ぬから自立しようね」と寝る前に言ってしまう冒険家タイプの母親 笑
(その心は、冒険家タイプさんにとったらずっとずっと親が近くにいることなんてちょっと無理 笑 新しい可能性にワクワクできないじゃん)
でも、親子それぞれの気質の特徴をご理解して頂けたみたいで、スッキリ帰って行かれました~
息子とご相談者の長男さんが、同じ気質なので息子のおもちゃや学習教材を見るのは参考になるかな?と、今回は、自宅にお招きしてみました。

そう、子どもにとって良き親の対応、子どもにとって良き幼稚園は、
子の気質によって変わって来ますね。
私が、信頼できる教育機関は、子どもによって求める見守りの形が違うことを知っていて、
それぞれに臨機応変に対応してくれる、一辺倒な対応ではないところかなと思います。
不安感が強い子って、元々そういう気質がベースなのかもしれないじゃないですか?
それを親の関わりが、、、とかいうところは親を追い詰めるなと思います。

最近、こんな事がありました。
息子は、シュタイナーのにじみ絵を月一回、習っているのですが、
そこで先生に、息子のにじみ絵の取り組み方がなんかちょっと心配と声をかけられたんですね。
私から見て、息子なりに楽しんでいるので問題ないと思うのですが、
(でも、息子の楽しみ方は、確かに子どもっぽくない。)
先生からしたら、息子の取り組み方を見て、「ちょっとそのステージはまだ早い」とか気にされていて。
そうかぁ、シュタイナー教育に理解ある方でも、気質のことを知らないと、
「早い、遅い」とか思っちゃうんだと驚いたのです。
例えば、多血質がない、胆汁×憂鬱質の息子は、感覚よりも論理的思考で動くから、
多血質的な「感覚に素直な取り組み」を子どもの時に謳歌するべきだと捉える教育者なら、
息子の冷静な取り組み方は、「頭を使いすぎ?」とか思われるんでしょうね。
息子なりに真摯に向き合っているのになぁと。
ということで、「息子らしいと思います。温かく見守ってやって下さい。」と答えました。

子どもにとって良き親とは?
私はこう思います。
子ども自身が、「僕、私の存在は社会に歓迎されている」と喜べるように。

そこをクリアしてると、幼少期以降がスムーズだなぁと。
東京でコンサルティングを開始して10年、大人の方ともたくさん対話させて頂いて、
それぞれの気質の育ちを考察させて頂いて思うのは、
「あなたは、あなたで100点よ」を幼少期に経験したからこそ、
10年、20年、30年後、、、、までも自分の欠点と向き合えたり、向上心が湧いたりするのだなぁと。

本日、息子が「お母さん、一緒に寝ようね」と。
「うん、絵本読もうか?そうちゃん好き好き言おうか?」と聞いたら、
「何もしなくていいから、寝る時にお母さんがいてくれたらそれで嬉しいの。」と息子。
小学校一年生、まだまだ私を求めてくれて私も嬉しいな。
「いるだけで100点満点よ」は私が息子によく言う言葉ですかね。
それを息子が私にも言語化して伝えてくれるのが、母、幸せです。
「璃子ちゃん、可愛い~!ママ、璃子ちゃんにぎゅっとされたい!」は最近、娘が満足そうなフレーズですかね。
子ども達が手を繋いでくれなくなる年齢まで、子どもの中心はどこかを模索しながら、満たし尽くしたいと思っています。

2019年、大ヒットのお出かけスポットは、嵐山モンキーパークでした!
ではでは、良いお年をお迎え下さい。
年始にはそろそろ、オーストラリア小学校留学について書きたいと思います。笑
2914.jpg

※文章や画像の転載はご遠慮下さい。

下記リンク先のHPは現在修復中です。↓
お問い合わせは iocolorlifeconsulting★gmail.com までお願いします。
io color life consulting

|気質の講座やご相談 | comment(0) | trackback(0)