FC2ブログ
登校出来ているみたい、良かったですね。

io color life consultingのブログをご覧下さり有難うございます。

前回、憂鬱質girlが不登校になり、お母様がとても悩んでいらっしゃるというブログを書きました。
http://io7777777.blog134.fc2.com/blog-entry-1003.html

http://io7777777.blog134.fc2.com/blog-entry-1004.html

ブログの読者の皆様からも「通えるようになるといいですね」等と温かいご声援があったのですが、
なんとなんと、新学期から元気に登校されているとのことです

学校に行く、行かないがその子にとって最重要事項かどうか分かりませんが、
彼女の場合、お母さまがとても悩んでいらっしゃったので、
まず、ママの精神衛生上、通えるようになり、
家族に笑顔の時間が増えるということはとても素晴らしい事だったと思います。

自分の心身への自信が育めたこと、良かったですね!
気質に対して周りに理解者が多いと、その自信は育まれやすいですね。
良かった良かった

気質の講座、不登校に悩んでいらっしゃる方のご参加も多いのですが、
皆さん、結果が出ていると思います。
ご相談を受けた場合は、心を込めて、頑張ります

※文章や画像の転載はご遠慮下さい。

下記リンク先のHPは現在修復中です。↓
お問い合わせは iocolorlifeconsulting★gmail.com までお願いします。
io color life consulting

|気質の講座やご相談 | comment(0) | trackback(0)
気質と性教育

io color life consultingのブログをご覧下さり有難うございます。

先々月の気質のグループ講座で、性教育について質問を受けました。
気質によってアプローチは違うかなと私も感じます。

たまたま多血質のお子さまが、漫画で性描写のあるシーンを見てしまったみたいなんですよね。
親が心配されていて。確かに最近はスマホの影響で、「見てしまう」可能性も増え、
親としては気を揉むことも増えたなぁと私も感じます。

とりあえず、多血質さんだったし、まだ年少さんか年中さんだったし、
経験できない事はすぐに忘れると思うのでしばらく静観で、とお伝えしたら、
案の定、何事もなかったように忘れていてホッとしたとのことで。
(表面上ではなくて、本当にあれ?なんだろ?ま、いっか!程度だと思う。
他の気質だったら、そうもいかない場合もあるんでしょうが。
特に憂鬱質さんが見てしまっていたら、かなり考えた手を打つべきだったと思うのでドキドキしました。笑)

そう、気質によって、性について伝えるタイミングや伝え方が、
違ってもいいのかもなぁと。
質問があれば、その違いについて、気質の講座で、私の見解もお伝えしています。

性教育の前提は、「あなたの心身は、とても大事なもの」を
本人が真に思うことだと思います。

そんなことを考えていたら、タイムリーに小学校一年生の息子が、
性教育の一環として、「おなかの中にいたころ、生まれた時のこと」を
親が子どもにA5サイズの手紙で伝える課題を持って帰って来ました。

どう書こうかなぁと迷いながら、
胆汁×憂鬱質の息子には、感覚的に話しても意味不明で戸惑うと思ったので、
(例えば、擬態語をたくさん使う 笑)
事実をしっかりと書いてみました。

生まれた時のことよりも、もっと根源の方に言及してみようとも思いました。
憂鬱質がある子は、初めの初めのところが知りたいのかなと。
本当のところは、夫婦仲のことについても聞きたいのかなと思うのですが、
そこまでは課題の本質からはずれるのでパスしました 笑

こんな風に息子に手紙を書いてみました。
胆汁質の息子だし、自分の強さを実感したいのかな?と思ったので
最後はあえて、「あなたの命は強い」で終えてみました。
胆汁×多血なら、「あなたはすごい存在なんだよ」「色々な困難を乗り越えたんだよ」がいいけれど、
胆汁×憂鬱なら、「あなたの命は強い、だからあなたはこれからも強く生きられるんだよ」の方が響くのかなと。

数字で、事実を伝えるのも、分かりやすいのかなと。
ちなみに粘液質の私なら、お母さんが私を生んでどんな気持ちになったのかを一番知りたいです。
私が何センチだったかとかはあまり興味ないかな。
「天使だと思った」と言ってくれた時の、母の表情や言葉の抑揚は私の一生の思い出。

子どもの自尊心を育む言葉、これからも考えていきたいです。
気質ごとにもバリエーションを増やし、もっと皆さんとシェアしたいと思います
気質の違う子を持つことは、親のボケ防止になるわ~と実感中です。笑


おなかの中にいたころのおはなし

そうちゃん、お父さんとお母さんのところに生まれてきてくれてありがとう。
そうちゃんがおなかにいた時の話をするね。
8年前のクリスマス、東京にいた時、そうちゃんがおなかの中にいることがわかったよ。
病院に行くと、●(実際の大きさを描きました。)←このぐらいの大きさだったんだよ。
1か月後の1月には、1センチ7ミリメートルの●(実際の大きさで、目盛りもつけました。)
←これぐらいの大きさに。どんどん大きくなって、生まれた8月には52センチメートルにまでなったんだよ。
そうちゃんの足は、いま21センチメートルだから、
くつをたてに二つならべても、21×2=42、それよりも大きくなったんだよ!
お母さんのおなかはパンパンに大きくなったよ!
お母さんもがんばったけど、
いのちが生まれてからずっと、そうちゃんの力でせいちょうしているんだよ。
そうちゃんの命は強いね。

※文章や画像の転載はご遠慮下さい。

下記リンク先のHPは現在修復中です。↓
お問い合わせは iocolorlifeconsulting★gmail.com までお願いします。
io color life consulting

|気質の講座やご相談 | comment(0) | trackback(0)
子どもにとって良き親とは?

io color life consultingのブログをご覧下さり有難うございます。

本日は、仕事納めでした。
奈良より宇治の自宅まで、気質の相談にご夫婦で来て下さいました。
あっという間の3時間、気質のお話は楽しいですね。

本日盛り上がった話を。
夏に行ったオーストラリアのホームステイ先の父親が、
冒険家タイプの胆汁質の娘に素晴らしい対応をされていたのでその話をさせて頂いたのですね。
「ゴールドコーストのビーチで、わりと波が高い海辺で波遊びをする冒険家タイプの娘。
父親は、何かあったらすぐに助けられる範囲で、娘よりは前に行かずに、ずっと娘を仁王立ちで見守っていた。」

それって最高の愛ですよね!と。
目を輝かせて同意してくれる同じく冒険家タイプの母親と、違う気質なもので「それって育児放棄では?と思ってしまう。」と、父親。
冒険家タイプさんは、自力で思いっきり挑戦させてくれる親に愛を感じる訳です。
違う気質だと、自分を守ってくれることに愛を感じるのですが。
気質によって「こう在りたいと思う親の姿」「こんな対応をしてもらった時に親の愛を感じる」点が違うのが本当に興味深いところです。
それが、親子でねじれてしまった時に、色々上手くいかないなぁと。
その鍵を読み解くのが、気質の学びですね。

こんなパターンも。
支配者タイプは、高い知性が故に不安感が強い、自信が持ちにくいのが特徴です。
「ずっとずっと大好きやで」と寝る前に言って、安心安全を提供してあげる同じ気質の父親。
「お母さんは、あなたよりも早く死ぬから自立しようね」と寝る前に言ってしまう冒険家タイプの母親 笑
(その心は、冒険家タイプさんにとったらずっとずっと親が近くにいることなんてちょっと無理 笑 新しい可能性にワクワクできないじゃん)
でも、親子それぞれの気質の特徴をご理解して頂けたみたいで、スッキリ帰って行かれました~
息子とご相談者の長男さんが、同じ気質なので息子のおもちゃや学習教材を見るのは参考になるかな?と、今回は、自宅にお招きしてみました。

そう、子どもにとって良き親の対応、子どもにとって良き幼稚園は、
子の気質によって変わって来ますね。
私が、信頼できる教育機関は、子どもによって求める見守りの形が違うことを知っていて、
それぞれに臨機応変に対応してくれる、一辺倒な対応ではないところかなと思います。
不安感が強い子って、元々そういう気質がベースなのかもしれないじゃないですか?
それを親の関わりが、、、とかいうところは親を追い詰めるなと思います。

最近、こんな事がありました。
息子は、シュタイナーのにじみ絵を月一回、習っているのですが、
そこで先生に、息子のにじみ絵の取り組み方がなんかちょっと心配と声をかけられたんですね。
私から見て、息子なりに楽しんでいるので問題ないと思うのですが、
(でも、息子の楽しみ方は、確かに子どもっぽくない。)
先生からしたら、息子の取り組み方を見て、「ちょっとそのステージはまだ早い」とか気にされていて。
そうかぁ、シュタイナー教育に理解ある方でも、気質のことを知らないと、
「早い、遅い」とか思っちゃうんだと驚いたのです。
例えば、多血質がない、胆汁×憂鬱質の息子は、感覚よりも論理的思考で動くから、
多血質的な「感覚に素直な取り組み」を子どもの時に謳歌するべきだと捉える教育者なら、
息子の冷静な取り組み方は、「頭を使いすぎ?」とか思われるんでしょうね。
息子なりに真摯に向き合っているのになぁと。
ということで、「息子らしいと思います。温かく見守ってやって下さい。」と答えました。

子どもにとって良き親とは?
私はこう思います。
子ども自身が、「僕、私の存在は社会に歓迎されている」と喜べるように。

そこをクリアしてると、幼少期以降がスムーズだなぁと。
東京でコンサルティングを開始して10年、大人の方ともたくさん対話させて頂いて、
それぞれの気質の育ちを考察させて頂いて思うのは、
「あなたは、あなたで100点よ」を幼少期に経験したからこそ、
10年、20年、30年後、、、、までも自分の欠点と向き合えたり、向上心が湧いたりするのだなぁと。

本日、息子が「お母さん、一緒に寝ようね」と。
「うん、絵本読もうか?そうちゃん好き好き言おうか?」と聞いたら、
「何もしなくていいから、寝る時にお母さんがいてくれたらそれで嬉しいの。」と息子。
小学校一年生、まだまだ私を求めてくれて私も嬉しいな。
「いるだけで100点満点よ」は私が息子によく言う言葉ですかね。
それを息子が私にも言語化して伝えてくれるのが、母、幸せです。
「璃子ちゃん、可愛い~!ママ、璃子ちゃんにぎゅっとされたい!」は最近、娘が満足そうなフレーズですかね。
子ども達が手を繋いでくれなくなる年齢まで、子どもの中心はどこかを模索しながら、満たし尽くしたいと思っています。

2019年、大ヒットのお出かけスポットは、嵐山モンキーパークでした!
ではでは、良いお年をお迎え下さい。
年始にはそろそろ、オーストラリア小学校留学について書きたいと思います。笑
2914.jpg

※文章や画像の転載はご遠慮下さい。

下記リンク先のHPは現在修復中です。↓
お問い合わせは iocolorlifeconsulting★gmail.com までお願いします。
io color life consulting

|気質の講座やご相談 | comment(0) | trackback(0)
身体を整える、理想を見る(不登校気味の憂鬱質girlへの応援ブログ②)

io color life consultingのブログをご覧下さり有難うございます。

昨日のブログの続きです。

気質の育ちという面で言うと、今の現状を20年後から見た時に、
そんなに心配ではないかなと思うのですが、
多血ママさんだし、「今」、「今」なのよ!
と思う訳で。

憂鬱質の子どもに効果的なアプローチを書いてみたいと思います。

身体を整えること
理想を見る(ために、世界を広げてあげる)

なのかなと私は思います。

まず、「身体を整えること」なのですが、憂鬱質の方は調子が悪い時に
一段と顔が黒くなっています。そこに注意をしてあげて、
東洋医学の観点で効果的な、<腎の手当>をしてあげると私は良いのかなと思います。
具体的には、腎臓部分にこんにゃく湿布をしてあげたり、
こんにゃく湿布が面倒なら、小豆でカイロを簡単に作れるのですが、
(腎の手当と言えば小豆!)小豆カイロ、google先生に聞いてみて下さい。

腎の養生で有名な食事は、小豆かぼちゃですね。
私は、東洋医学観点での食養生やマクロビの陰陽に基づいた調理法を取り入れていますが、
実感として、食事が変われば2~3か月後にしっかりとした変化があります。
時間は少しかかりますが、確かなものがあると思うので食養生はオススメです。
腎の養生は黒いものですね、黒ゴマ、小豆、黒豆、少々のお焦げ、八丁味噌、良質な醤油、
ワカメ、昆布、海苔、ヒジキ、蕎麦などですかね。
理由は分からないのですが、実感としてあるのは、憂鬱質は日本海の海塩と相性が良いのではと思っています。
息子もこの塩にしてから、身体の調子が前より良いなぁと。


また、個人的に思うのは、憂鬱質の方は、よく考えるので、糖を取りたがるんですね。
また、憂鬱質は太りにくい方が多くて、太らないものだから糖をどんどんとると、
身体がだるくなったり、やる気がなくなったり、行きたがらなかったり、
扱いにくい身体になってしまいます。
ただでさえ、憂鬱質は心と身体が別にあるような感覚があって、身体が扱いにくいのに
身体をだるくしてしまうとどんどんと現実世界に身体を持っていけなくなると言いますか。
糖をよく取る方が、いきなり糖をやめると禁断症状が出るので苦しいかもですが、
洋菓子をせめて和菓子にするとか、私は加熱した果物なんかおすすめで、
私がよくするのは、林檎を少しの塩麹炒める、焼き芋ですかね。
おやつをおにぎりにするのが私は好きですね。
加熱はしていないですが干し柿、干し芋、レーズンもおすすめです。
チョコレートは出来るだけ控える様にしていきます。
大人の方で、どうしてもチョコレートを食べたい場合は、100%カカオとレーズン、ナッツを口に一緒に入れるとすごい満足感です 笑
上白糖から、甜菜糖、甜菜糖から甘酒やフルーツにしていって、低血糖症を予防します。
糖の摂取をコントロールする、憂鬱質の方にすごく効くと思います。
身体がとても軽くなりますからお試しあれ。
いきなり減らすと辛いですから、お料理にかぼちゃやさつまいも、にんじんや玉ねぎなど甘い野菜をたっぷり使って、
おやつに甘さを求めなくするのも並行しておすすめです。

腎のマッサージでは、最近読んだ本でこれが分かりやすかったです。


これまでに、身体を整えるために
①食養生
②腎を温めることやマッサージ


をお伝えしたのですが、スペシャルな③もお伝えしたいと思います。

③身体の素晴らしいところに言及する

です。憂鬱質の方は、身体に自信が持てると外に身体を連れていけるのかなと思います。
別にナイスバディ!とかいうことではなく、
「この場所にほくろがあるの、ママと一緒だね」
「目の形、おばぁちゃんにそっくりで、ママの一番大好きな人からいいものもらって嬉しいな」
「髪の毛サラサラ~気持ちい!」
から始まり、私が息子に言うのは
「そうちゃん、耳の穴の形がキレイ」
「ほっぺたの盛り上がり方が可愛すぎる」
「つむじの場所がいい」
「眉と眉の間の長さがバランスが良い」
とか訳わからないところをせめています 笑

そうなると、「ママはそうちゃんのどこが好き?」とか聞かれた時に
「目の大きさが2センチぐらいなところ」とか
「へその形が細長いところ」
とかで息子、大爆笑!

でも身体に対して愛を伝えることは、不思議なことに勇気が湧いてくるんです。
言動を褒められると、「次もこうしないとママに褒めてもらえないのか」とか思ったりと
憂鬱質はややこしいですからね!笑
身体に愛を伝える、あるものにそのままで完璧なんだよというメッセージを送ることが
憂鬱質の人生を生涯励ますのかなと思います。

そして、最後はサラッと。

「理想を見る」ですが、憂鬱質の方は細々とした世界を見るのはピンときません。
だからその憂鬱質girlも学校に夢を見出せなんだと思う。
学校は過程ですからね、いきなり過程を見せられてもピンと来ない。
壮大なものを見せて語ってあげて下さい。
(何かを改めてほしい時も、憂鬱質の子には教会の中で伝えるとかが良いですし。)
だから私は、息子をオーストラリアに連れていった訳なのですが、この話はまた違うブログで。

私なら、カッコイイ大人を見せますね。
カッコイイ仕事をしている場所に連れて行きますかね。

お手軽なのは、キッザニアとかですかね。
もし目が輝く憧れや理想をその子が見つけたら、
その仕事に就くには、
「〇〇〇、△△△、□□□が必要だよね、小学校に行ったら〇〇〇は学べるね」
みたいな感じで私はその子の夢に沿って語りかけるかなぁ。

夢を叶える為には、学校が必要で、たかが担任の先生ぐらいで私の理想が叶わないのは悔しい!
横やりに負けずに私は私の信じた道を進む!

と思ってくれるようになるように、私はアプローチを(しすぎず)するかなぁと思います。

とてもとても長くなりましたね。
以上、不登校気味の憂鬱質girlへの応援メッセージでした

ありのままの気質をハグしてあげること
タイミングが来たら、違う気質の美しさも伝え
心身を整えてあげること
ワクワク出来ることへ視野を広げてあげること


子どもは自らの向上心で、自らの力で羽ばたけると私は思います。
人生を開拓するのは、子ども自身ですから、
親に出来ることは、礎だけしっかりとサポートし、生涯にわたり子どもの勇気が湧くポイントをおさえてあげること。
あとは祈ることだろうなと最近思います。
そんな子育てを私はしたいと思っています。

お嬢様、好転すると良いですね。
祈っています。きっと大丈夫ですよ

※文章や画像の転載はご遠慮下さい。

下記リンク先のHPは現在修復中です。↓
お問い合わせは iocolorlifeconsulting★gmail.com までお願いします。
io color life consulting

|気質の講座やご相談 | comment(0) | trackback(0)
言葉と人(不登校気味の憂鬱質girlへの応援ブログ①)

io color life consultingのブログをご覧下さり有難うございます。

年末までに、今年書きたいと思ったことをしっかり書こうとブログを頑張ります

さて、今回は、不登校気味の憂鬱質girlのお母様がとっても悩んでいらっしゃるみたいで
相談を受けたのですが、私も当面スケジュールがいっぱいだし、その方も今は余裕がないみたいだから、
少しでも助けになりたいなぁと個人が特定されない様に気を付けて、私なりに応援メッセージを書いてみますね

不登校気味の憂鬱質girlさんには、先天的に障がいのあるお姉さんがいらっしゃるんですね。
だから、障がいある子への愛や理解、正義感がとても大きくあるというのが背景で。
でも、担任の先生は、クラスの中にいる発達障がいの子どもに対して、
なかなか優しくない言葉をかけるようなんです
それが許せなくて許せなくて、先生に対して信頼感が持てなくて、
結局それが許せない憂鬱質girlが不登校気味に。

お母様が多血質満開の方なんですね
だから、我が道を行く、みんなと一緒ではない我が子に対して不安で、
お姉さんへのお世話で大変だし、三人目もいるし、
でヒューズが飛んでしまったみたいです。
それは、そうなりますよね
家族全員無事に生きていることがまずすごいな、と思ってしまいます。
本当に本当にお父さん、お母さん、頑張っていらっしゃるんでしょうね。
聞いていて、私もうるっと来ますもの。
それは、大変だ!

まず、私が目をつけるのが、その憂鬱質girlさんは10歳になっていないということ。
10歳までは、自分の気質全開で生きるものです。
(ここで、自分の気質を全開することを否定された方が、大人になってからややこしいです。)
自分の気質だけでしか生きていないから、自分の気質ならでは起こる負の面も実感できます。
それが今回は、「状態」までなってしまっている訳ですよね、不登校として。
じわじわと実感中ですよね、自分自身のクセについて。
私が思うのは、お母さんがその子の気質を否定することなく、伸び伸びと育てられたから、
その子の良いも悪いも全開なんだということです。
自己肯定感がある子が、自分の気質だからこそ起こる生き辛さを経験出来るって、素晴らしい事だと私は思います。
その向上心を持って、自分がネガティブな面だと気付くことならば、それを乗り越えようとしますから。
大成長のチャンス到来ということです。
多血ママさんは、どうしよう!どうしよう!?!?と思っていらっしゃるかもしれませんが、
私はこのお話を聞いた時に、ママさん、子どもの個性を受容して育てて来られたんだな、素晴らしいなと思ったんですよね。
だから子ども時代に、自信を持って自分の扱いにくい部分を表面に出す事が出来ていますから。

不登校になることによって、困ることが出てきます。
それをその子が、まずどう捉えるのか?
先生を許せないことによって、自分の人生にそこまで影響を与えることをどう感じるのか、
大切なところだと思います。
問うてあげてほしいです。

昨日の記事に、悪を排除し、綺麗キャラだけで遊ぶというようなものを書きましたが、
憂鬱質の方にはそういう傾向がありますね。
育児中、子どもを預けて、子どもが行けないお洒落なお店に行くことで気持ちが明るくなったり、
育児書ではなく、アートブックを買って、非現実な美しい世界に浸ることで心安らぐ方も憂鬱質ママの特徴ですね。
混沌とした世界は怖いんです。自分の恐怖心を刺激するものがいつやって来るか分からないから。
そう、憂鬱質は、自分の恐怖心との対話が上手くいくようになるのは成長のミソなのかなと思います。

胆汁質の子なら、「先生それは言ったらアカンで~!」と小言を呟きながら、
それはそれ、これはこれと割り切って前に進めるんですがね。
憂鬱質は、言葉と人は同じなんです。
悪い言葉を話したら、悪い人間に見えてしまう、寄りたくなくなる。
これが憂鬱質の社会性において、難しさがあるとことなのかなぁと私は思います。

これから10歳を超えて、自分の気質を客観視できるようになってきます。
そして、幸運なことに、憂鬱質の子ども×多血質のママという風に
違う気質のペア親子は、自分の気質と違うことも、ママの愛情ベースで
ママの気質っぽい言動を、技術として身につけられる
んですよね。
子どものうちは自分の気質とママの気質の二つをハンドリングしないといけないので
揺れに揺れますが、その揺れを乗りこなした時に、とても強い子になるなぁといつも思います。

今は、その憂鬱質girlは揺れています。
でも、時間薬かなと。
自分の自己肯定感で絶対に乗り越えると思います。
是非、愛を込めて見守ってあげて欲しいです。

もし、自分に出来ることをお探しなら、日ごろから
「言葉と人は違う」ことを、手取り足取り教えてあげる時間があると
(自分の気質っぽくないことは、わりと丁寧に伝えないと届きません。)
その子はそう捉える技術を学べますね。

言葉と人を同一視すると、いつか社会人になった時も職場が苦しいです。
その苦しさから、宝物が生まれるのもまた憂鬱質の特性ですが、
今回はママが多血質さんですからね、ママの精神衛生上のことも考えて、
「そんな自分にもなれる」経験があると、安心してママは憂鬱質girlを見守れるのではないかな?と思いました。

本当に、同じ気質同士で育ちあう親子の良さ、違う気質同士で育ちあう親子の良さがあると思います。
そこを私も第三回目の講座では、よく拝見しています。
どちらも良さがありますね!

多血ママ×憂鬱質girlの育ちあい、これからも応援しています。
私はお話を聞いていて、楽観視かな。
時間薬だと思いますよ、大丈夫大丈夫!

※文章や画像の転載はご遠慮下さい。

下記リンク先のHPは現在修復中です。↓
お問い合わせは iocolorlifeconsulting★gmail.com までお願いします。
io color life consulting

|気質の講座やご相談 | comment(0) | trackback(0)